お弁当が100倍おいしくなる絶品手作りふりかけレシピ17選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間のない朝のお弁当のご飯やおにぎりに市販のふりかけをかけるだけなのは何だか味気ないですよね。

実は、ふりかけも手作りすれば栄養もあって、日持ちもするし、作り置きしておけるのですごくオススメなんです。見た目の良さもググっと上がりますよね。

今回はオススメの絶品手作りふりかけを17種類紹介します。

卵と明太子のふりかけ

明太子はスプーンで中をかき出し、卵と混ぜます。そこにみじん切りしたネギを入れて、塩と砂糖を適量入れ混ぜ合わせて炒るだけ。

冷蔵庫で一週間ほどは持ちます。

おからひじきふりかけ

おからを作るいつものレシピのおからを減らして鰹節、けしの実、いりごまを混ぜ合わせじっくり炒めれば、立派なふりかけになります。

ミニトマトとなすのふりかけ

ミニトマトとナス、大葉、塩昆布を細かく切り刻んで混ぜ合わせてラップをかけて冷蔵庫で30分以上冷やすだけで完成。冷やしたうどんなどに入れるのもオススメです。

昆布と鰹節おかか佃煮

出汁を取る時に使った鰹節や昆布の水気をよく絞り、だし汁、砂糖、醤油、白ごまを水気がなくなるまで炒めるだけで簡単にふりかけが完成します。

世界一おいしいふりかけ

イタリア料理の名店のシェフ考案の世界一おいしいふりかけレシピ。

材料はちりめんじゃこ、鰹節、海苔、チーズ、クルミを砂糖、醤油、オリーブオイルで混ぜるだけ。
ご飯に合わせるだけではなく、茹で野菜にかけたりしてもおいしいです。

絶品パン粉ふりかけ

とんかつやハンバーグ、とんかつを作る時に余ったパン粉を使ってふりかけを作ってみましょう。

みじん切りにしたにんにくをごま油を敷いたフライパンで炒め香りを出し、そこに桜エビ、パン粉を加え炒り、塩こしょう、チリパウダーを加えれば完成。

バターを塗ったパンにふりかけてもおいしく食べられます。

しっとりかつおふりかけ

かつお節とセロリ、ちりめんじゃこ、サケフレーク、白ごまをフライパンで炒め、酒と砂糖と醤油で味付けするだけ。

かつお節は出汁をとった後の、水分を絞った状態のものを使ってもOKです。

ピーマンふりかけ

ピーマンを適当な大きさに切り、さっと炒めて、醤油、みりん、酒、ごま、鰹節を混ぜ合わせ炒め煮にするだけで完成です。

悪魔の粉チーズふりかけ

粉チーズ大さじ、ちりめんじゃこ、いりごま、青のり、一味唐辛子を適量混ぜるだけ。チーズ好きにはたまらないやみつきレシピです。

小えびのふりかけ

小えびと青ネギ、いりごまをごま油で炒り、醤油と本みりんで味付けすれば完成です。余った野菜などを混ぜて一緒に炒めてもおいしいです。

梅ひじきふりかけ

ひじきは水で戻しておき、ざるにあげてフライパンで炒り、水気を飛ばす。そこに切り刻んだ椎茸、梅干し、じゃこを加えて、醤油、砂糖、みりん、、ごま油、塩を適量加え味を調えるだけ。

手作りのりたま

鰹節、出汁粉末、青のり、いりごま、砂糖、塩を適量混ぜ合わせ、炒り卵をザルでこしたものと混ぜ合わせるだけ。全てを混ぜて、フライパンで炒っても作れます。

にんじんと干しエビのふりかけ

みじん切りにした人参を弱火で10分ほど炒め、そこに干しエビを加え醤油と砂糖で加え更に炒れば完成です。

梅肉生ふりかけ

食欲がない日や風邪をひいてしまった時にも食べれる梅肉を使った生ふりかけ。

まず梅干し、ミョウガ、青ネギ適量を切り刻み、ごま、ごま油、みりんと醤油を同量混ぜ合わせるだけ。
おかゆや、焼いた白身魚と一緒に食べるのもオススメ。

手作り鮭フレーク

最初に塩鮭を少なめのお湯でゆでて、骨と皮を丁寧に取り除きます。それから、フライパンでほぐした鮭といりごま、酒と塩を合わせてフライパンで炒るだけ。

鮭をほぐすときにあまり細かくほぐさないようにしましょう。

冷凍すれば1ヶ月日持ちするので多めに作って、小分けにしてすぐ使わない分は冷凍するのが良さそうです。

大根葉のふりかけ

大根の葉は捨てずにふりかけに是非してみてほしいレシピ。

大根の葉はよく洗って、細かく刻んでレンジで2分ほど加熱する。それをごま油を敷いたフライパンでよく炒めて、砂糖、醤油、酒、鰹節、白ごまを適量で味付けする。

手作り梅かつお

梅干しをよくほぐして、刻んだ長ネギ、みそ、鰹節、砂糖で味付けすれば出来上がり。少量ですぐ作れるのもポイントです。

まとめ

いかがでしたか?手作りするってことだけを見ると面倒くさい、手間がかかると思いがちですが、実は混ぜるだけ、炒めるだけ、前日の余りものも入れて簡単に作ることが出来るんです。

是非参考に作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


ニュースの関連記事