インスタ映えするお弁当におすすめの簡単手作りデザート11選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のお弁当や運動会のお弁当にデザートを入れたいけどなかなか思いつかない。そんな方も多いのではないでしょうか?

汁漏れもしない、持ち運びに便利でインスタ映えするような見た目も可愛い簡単手作りデザート11選を紹介します。

ニコちゃんスイートポテト

見てるだけで笑顔になれちゃうこちらのスイーツ。

実はスイートポテトなんです。丸型にスイートポテトを作って、卵黄を使ってしっかりツヤだししており、目は黒ゴマ、口はチョコレートで作っています。

お持たせにも喜ばれそうですね。

ビスケットチーズケーキ

とても難しそうに見えますが、これ片手で食べれるように市販のビスケットを並べてチーズケーキを流し込んでその上からまたビスケットを並べて焼くだけで簡単に作れるチーズケーキなんです。片手で食べれるので、お弁当にも大活躍ですよね。

焼き色が気になる場合はアルミホイルをかぶせて焼くと余計な焼き色がつかないのでオススメです。

市販のビスケットなら何を使ってもいいので、外国製の見た目が可愛いビスケットなどを使って作るとよりオシャレな仕上がりになるので是非試してみてほしいです。

チョコブラウニー

こちらホットプレートにクッキングペーパーを敷いて生地を流し込んで作って、冷ました後にランダムに切り分けて粉砂糖をかければ忙しくても簡単に作れるチョコブラウニーのアイデアになっています。

ナッツ類やチョコチップを入れたりバリエーションも色々作れそうです。

キャンディーゼリー

こちら保冷剤替わりにもなるキャンディー型のゼリー。中に入れるのは、切ったフルーツでも良し、簡単に作りたい場合は缶詰のフルーツでもOKです。

ラップにフルーツとゼリー液を入れて両端を輪ゴムできつめにしめて冷蔵庫で冷やすだけ。宝石みたいにキラキラで子供たちが大喜びのデザートに早変わりです。

ハリネズミスイートポテト

先ほどのニコちゃんマークも可愛かったけど、こっちのハリネズミくんもオススメ。スイートポテトアレンジです。

目はチョコを使って、ハリネズミくんのハリの部分は、ハサミを使って切るように作るのが一番簡単です。無理に尖らせたりしなくても焼くとキレイに焼き目がつくのだそう。

ベリークラフティ

こちらは季節の果物と材料をホーローバットに流しいれて焼くだけなのに華やかで思わず歓声があがってしまう出来上がりになるクラフティの紹介です。

仕上げに粉砂糖を振るとすごく可愛くなります。スプーンですくってランダムに小分けするのもいいですね。運動会などだけでなく、ホームパーティーなどでも出したいですね。

簡単デザート春巻き

前日に仕込んでおけば朝軽く揚げるだけで完成しちゃうデザート春巻きの紹介。

中身はお好きなもの(アップルシナモン、バナナチョコ、あんこ、ジャムなど)を入れれるので何が入ってるかは食べた時のお楽しみにするのもいいですよね。揚げたてもいいけど、時間が経ったものも食感が変わってモチッとしておいしいです。

ブルーベリーパンプディング

ボリュームのあるこちらのデザートはなんとパンプディング。多めに作って運動会のデザートにもいいかもしれません。かなりボリュームがあるので、主食替わりにもなりますし、たまにはこういうパンプディングもいいですよね。

フルーツも季節の果物を使って、作ってみてくださいね。

チビアメリカンドック

こちらアメリカンドックを一口サイズにしたもの。デザートにもおかずにもなります。

ホットケーキ生地を使ってるので、一般的なソーセージを入れるだけではなく、あんこやメープルシロップなどを入れるとよりデザート感覚で食べれていいかもしれません。見た目もとっても可愛いです。

お手製クッキー

簡単に作ったクッキーにチョコレートでデコレーションしたクッキーをお弁当に入れるのも一つの手。前日にクッキーを焼いてデコレーションまで済ませてれば、翌日は入れるだけでいいのもポイント。

トトロカップケーキ

最後に紹介するのは、トトロの耳が可愛いカップケーキ。耳はコーンフレークを最後に差し込むだけ。目や鼻、お腹の模様はチョコレートペンを使えば簡単に出来ます。

キャラ弁ならぬキャラデザート。焼き菓子であれば、そこまで傷みも気にしなくていいので衛生面でも安心して入れられますね。

まとめ

お弁当におすすめの簡単手作りデザートいかがでしたでしょうか?凝ったように見えるものも少しの工夫で簡単に作れるのにはびっくりしましたよね。

切った果物を入れるだけじゃ物足りない、お弁当のデザートがマンネリ化してるという方は是非参考に一度作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


ニュースの関連記事