カラフルなレインボー弁当を作るための可愛すぎるアイデア11選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お弁当を作る時に彩りを気にすれば、野菜もたくさん取れて栄養いっぱいのものが完成しますよね。今回は、カラフルなレインボー弁当を作るための可愛すぎるアイデアを11個紹介します。

レインボーおにぎり

おにぎりが虹色なだけでこんなに可愛いお弁当に変身しちゃいます。作り方も簡単で、おにぎりにする量のご飯を同量ずつのご飯を分けて、でこふりを混ぜて何色かの色付きご飯を作ります。

それをバランス良く合わせて握れば完成です。中高生の女の子のお弁当に入れてもすごく喜ばれそうですよね。

ハロウィンカラフルレインボー弁当

おかずやおにぎりをハロウィン仕様にして、バランスよく並べるとこんなに可愛いハロウィン弁当に早変わりします。おかずもカラフルになるように卵焼きの黄色、赤いウインナー、人参やブロッコリーや柴漬けやレタスなどを使うようにします。

列に並べて色んな顔を作ることで本当にキレイに見えますよね。ハロウィンにちなんで色んな目や口や鼻を海苔やチーズで作るのもポイント。パーティーなどでお皿に作る時も同じように作れば可愛く出来そうです。

レインボー弁当

でこふりかけを使ってご飯に着色したものを虹の形にお弁当箱に詰めるだけでこんなに美しいお弁当に。色んな味が楽しめるのもいいですよね。

これはお正月のお節に詰めたりしても良さそうですし運動会のお弁当などにもオススメ。カラフルでとっても縁起が良さそうです。

そぼろカラフル弁当

そぼろ弁当もいつもと違う詰め方をすればこんなに可愛くなります。

ほんの少しの手間をかけて型でくり抜いた人参とおにぎりの形をした卵焼きを入れるだけでもこんなに可愛くなります。余裕があれば人参のおかずを詰めたり色んなアイデアも浮かびますね。

そぼろご飯は、具材を前日に用意しておいて朝ご飯の上に敷き詰めるだけなので比較的忙しい朝でも簡単に作れてストレスがないのでオススメ。

お魚レインボー弁当

魚のフライを入れても他のおかずがカラフルであれば、こんなに可愛いレインボー弁当になります。お魚には、さっぱりと甘酢をかけて食べたい気分ですよね。夏の食欲がない日でもお野菜たっぷりであっさり食べられそうです。

お魚以外にも、唐揚げにしたり焼き魚にしても周りがこんなにキレイだと茶色いお弁当にならないので見た目がぐっと可愛くなります。

レインボー卵焼き

卵焼きをレインボーにするのも実は簡単に出来ちゃうんです。

まず溶き卵にお好みの味付けをしたら、均等に色付け分分けます。色素液を卵液に混ぜて色を作ります。色付け毎に卵焼きをいつも通り作るだけで完成です。

味付けは薄味にしてケチャップをかけることにしても可愛くなりそうですし、薄焼き卵にして、これを冷やし中華の卵として使うのも良いですね。

ミニハンバーガー&ホットドッグカラフル弁当

ウインナーとミートボールで作るハンバーガーとホットドックを作って並べてファーストフード屋さんを詰め込んだみたいなお弁当。ピックなども雰囲気に合わせて使うのがオススメです。

見た目はかなり凝っているように見えますが、切って挟み込むだけなので簡単に出来ます。パーティーなどにもオススメ。

レインボー太巻き

春巻きも色んな混ぜご飯やカラフルな具材を混ぜて作れば、こんなに可愛い太巻きになります。
おにぎりより野菜不足も解消できて食べやすいので、お子さんのお弁当にもオススメ。


カラフルモザイク弁当

卵焼きやカニカマ、枝豆など、同じ大きさにカットして並べるとカラフルなモザイク弁当になります。海苔で顔を作って何個か乗せるとより可愛いお子さんに喜ばれるお弁当に早変わりします。

ハンバーグレインボー弁当

ハンバーグも小さめに作って、他のおかずと並べたらこんなにおいしそうになります。卵もキレイに切って、ミックスベジタブルなどと一緒に平行に並べるのがポイント。下に白ご飯を敷き詰めるのもいいですよね。

レインボー冷やし中華

麺は下に敷いて、上に平行にカラフルな具材を並べるだけ。キレイに均等に並べるのがポイント。
ゆで卵をカットして、顔を作るのがオススメ。キュウリとトマトとゴマでスイカを作れば、より夏らしさがアップします。

まとめ

いかがでしたか?見た目は難しそうに見えても、キレイに並べさえすれば簡単に作れそうなものばかりで驚かれた方も多かったのではないでしょうか?

見た目も味も栄養も全部大事!全てを詰め込んだ欲張ったお弁当を是非参考にして、あなただけのレインボー弁当を作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


ニュースの関連記事