忙しい朝でも簡単に作れるスキマおかずアイデア9種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お弁当を作る時に大事にしたいことと言えば、彩りを良くすることですよね。出来るだけ、赤・黄・緑を入れて栄養バランスもしっかり取りたいものです。今回は食べやすくて可愛いカラフルなスキマおかずを9種類紹介します。

ソーセージホットドッグ

見た瞬間、「カワイイ」って思わず声に出してしまいそうなこちらのスキマおかず。

作り方は簡単、茹でたり焼いたり火を通したソーセージの真ん中に切れ目を入れます。そこに小さく切ったハム、薄焼き卵、ハムなどお好きな具材を挟んでケチャップをかけるだけ。なんちゃってホットドックの完成。

ソーセージをパンに見立てるなんて、すごいアイデアですよね。お弁当にこれが入ってるだけで笑顔になれそうです。

猫たまご

こちら割りばしと巻きすを使えば簡単に出来る猫たまご。猫ちゃんの表情もとっても可愛くて、いっぱい作って並べたいですね。

作り方も簡単。いつもと同じように卵焼きを作ったら、キッチンペーパーで水気を軽くふき取り、卵焼きの真ん中に割りばしを置いて巻きすで巻いて輪ゴムで留めます。

完成したら切り分けて、断面に海苔と黒ゴマを使って目、鼻、口、ヒゲを作り、ほっぺはつまようじの先にケチャップをつけて乗せれば完成です。猫好きにはたまりませんね。今にも鳴き声が聞こえてきそうです。

きゅうりdeスイカ

こちらレシピと言うほどでもないぐらいに誰でも簡単に作れます。なのにインパクトは大。

まずきゅうりを少し厚めに切り、半月切りにします。その表面に、カニカマの赤い部分だけをはがしたものを使い、きゅうりより小さめに半月切りにしたものを乗せてスイカの種のような配置に黒ゴマを置きます。たったそれだけ。

お弁当に緑と赤が映えそうですね。ゴマがつけにくい場合は、マヨネーズをノリの代わりにしてみてください。

トマトバーガー

こちらもお子さんと一緒に作れるレシピですとっても簡単。

まずミニトマトを半分にカットし、厚めに切ったきゅうりをはさんでピックに通す。たったそれだけ。

きゅうりをボーダー柄のようにナイフで皮の部分をカットしておくとさらに可愛くなります。ほかにも、うずら卵のスライスなどを一緒に刺したり色々アイデアが膨らみますね。

枝豆チーズ

こちらもスキマにぴったりフィットする簡単レシピ。四角にカットしたチーズと枝豆を交互にピックに刺す。ただそれだけ。お酒のおつまみにもいいですね。

時間がある時は、チーズを軽くフライパンで焼いて焦げ目をつけるのもいいかもしれません。

ソーセージ花

こちらも簡単。まずソーセージの端を切り落とし断面を十字にカットして焼きます。そのあと缶詰のコーンを十字の真ん中に挟み込めばお花みたいになります。

写真のように飾り切りしたキュウリを周りに置いて何個か作ればお花畑のようになるので是非試してみて下さい。

ピックシリーズ

色合いが良いものはピックに刺せば、それだけでスキマおかずに大変身。

左からミックスベジタブルをハムで包んだものを交互に刺したもの。その次はガーリックと塩コショウでエビとブロッコリーを炒めたものをピックに刺しただけのもの。最後は枝豆とうずら卵をピックにただ刺しただけですが、全部が可愛いですよね。彩りもすごく豊かになります。

昨日のおかずの残りも、ピックで刺すだけで可愛いスキマおかずに大変身しちゃうかもしれません。

おにぎり卵

すごくカワイイおにぎり卵のレシピです。

いつもの卵焼きを作る要領で、出来るだけ円柱になるようなイメージで卵焼きを作ります。そのあと、キッチンペーパーなどでふき取り、何重かに重ねたラップで三角になるように形成します。それを切って、おにぎりの形になるように海苔を巻いたら完成。

スマイルポテサラ

最後に紹介するのは、ポテトサラダをカップに盛って、茹でたスナップエンドウ、グリーンピース、ハムでスマイルを作ったスキマおかず。

ほかにも、枝豆や海苔、コーン、パプリカやニンジンを使って顔だけでなくお花を作ったり色んなバリエーションが出来そうですよね。

まとめ

忙しい朝でも簡単に作れるスキマおかずアイデア、いかがでしたでしょうか?

スカスカのお弁当だとせっかく作ったおかずが混ざってしまったり、見た目も悪くなってしまうので、隙間を作らないように是非もう一品!紹介したレシピを参考にしてお弁当に加えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


ニュースの関連記事